ニュース

在韓国・ドイツ大使 「慰安婦像は表現の自由だから、自分の気分を害する表現でも受け入れるべき」

1 : 2020/11/21(土) 10:43:15.11 8v9OLjml0.net BE:306759112-BRZ(11000)
在独邦人が被害を受ける可能性も

 日本に対して「表現の自由を許さない」文在寅大統領を喜ばせる在韓ドイツ大使の発言が話題になっている。
この常軌を逸した発言に、多くの韓国人が感動しているという。

 11月11日、新任の在韓国ドイツ大使ミカエル・ライフェンシュトゥール(Michael Reiffenstuel)氏は韓国メディアのインタビューで、
先月ベルリンのミッテ区に設置され議論になった「平和の少女像」について言及した。

 ライフェンシュトゥール氏は「ドイツで表現、意見、芸術の自由は非常に重要だ」とし、
「芸術と表現の自由は時には自分の気分を害する表現でも受け入れるべきであり、これはドイツにおいて重要な原則だ」と語った。

 彼のコメントは日本政府による「少女像を撤去すべし」という主張に反するもので、
インタビューを行ったメディアは「日本の反対より少女像が象徴する権利の保護をより重要に考えている」と評価。

 このニュースのコメント欄には「日本は表現の自由も保障できない国だ」と非難が多数寄せられた。

 日本政府は、ミッテ区の少女像は芸術作品ではない、銅像に刻まれた碑文の内容と世論を通じて日本政府を非難するための「政治的行動」だと主張してきた。

 このことにより、ドイツ国民に日本に対する否定的認識が強まる可能性があり、
さらには在独邦人が被害を受ける可能性も否定できないため、少女像を撤去しなければならないという立場を維持してきたのだ。

 もっともな訴えである。

 百歩譲って表現の自由は人権の次元で無視できないとしても、罪なき者が謂われのない被害に遭うことになれば、
自由という仮面をかぶった「凶器」に堕したという他あるまい。

在韓国・ドイツ大使が「少女像設置」を支持 「表現の自由」を抹殺する韓国で
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11210600/?all=1

-ニュース

Copyright© クレカの審査に通りたい , 2021 All Rights Reserved.